米津玄師がイメチェン!髪色が淡い水色に!新曲の「馬と鹿」には?

皆さんこんにちは、このサイトを管理させて頂いているnagaといいます!
今回は、米津玄師さんが、「馬と鹿」の㎹をYouTubeにアップロードしたので、キービジュアルの方から変わっていた髪色についてまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

米津玄師

出典: https://marucco-lino.com/person/kenshi_yonezu_5/

出生名:米津玄師(よねづ けんし)
別名:八チ,蛙屋
生年月日:1991年3月10日(28歳)
出生地:日本・徳島県徳島市
ジャンル:J-POP,ロック,R&B,エレクトロニカ
職業:シンガーソングライター,ギタリスト,作詞家,作曲家,編曲家,
ボーカリスト,イラストレーター,映像作家,音楽プロデューサー,ダンサー

2009年前後より、日本を中心に活動するシンガーソングライターで、VOCALOIDクリエイターハチとしてインターネットを中心に活動したあと、2012年に本人名義のアルバム『diorama』でソロデビュー、翌年にはユニバーサルシグマからメジャーデビューをしまいした。

2016年よりソニー・ミュージックレコーズへ移籍して、2017年発表のアルバム『BOOTLEG』は同年、翌年を通してチャートインを続け商業的な成功を収めました。

音楽的評価も高くCDショップ大賞、第60回日本レコード大賞にていずれも最高賞を獲得しており、2018年発表の「Lemon」は、フィジカルとダウンロード累計で250万セールス超えを記録、年内最大のヒット曲となりました。

ハチとしての活動

2008年からニコニコ動画という動画投稿サイトに” ハチ “名義でオリジナル曲を投稿開始するも、後に全て削除しました。
全て削除した理由として「聴くと納得がいかないことが多くて、すごく恥ずかしくなってきた」からだそうです。
今ではもう聞くことができない幻の曲ですので、知っている方はかなりの米津さんファンだと言えますね。
そして2009年5月から、初音ミクやGUMIなどボーカロイドを使用してオリジナル曲を再びニコニコ動画へ投稿しはじめました。
毎月1曲のペースで楽曲を投稿し、「結ンデ開イテ羅刹ト骸」や「Mrs.Pumpkinの滑稽な夢」「clock lock works」などのヒット作を生みだています。

ハチ MV「結ンデ開イテ羅刹ト骸」HACHI / Musunde Hiraite Rasetsu to Mukuro

そして、この動画のイラストは米津さんが全てマウスで描いたもので、その頃ニコニコ動画ユーザーから呼ばれていたあだ名は「マウス戦士」だったそうで、この頃から絵の才能を発揮していたのかもしれませんね。

上の曲は米津玄師さんが、ハチとして活動をして初めての曲として挙げられた動画です。

多くの米津ファンや、ハチファンには伝説の始まりとして、語られています。

スポンサードリンク

髪色を変えてイメチェン!

出典: https://viral-topics.net/yonedu-imechen/

米津玄師さんは2019年7月26日に公開されたニューシングル「馬と鹿」の新ビジュアルにて、髪色が変わっていたことで話題になっりました。

そして2019年9月3日には、11日に発売される表題作「馬と鹿」の㎹をYouTubeに上げて、さらに話題を集めています。

スポンサードリンク

米津玄師 MV「馬と鹿」Uma to Shika

今回YouTubeに公開された「馬と鹿」は大泉洋主演のTBS系日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(毎週日曜 後9:00)の主題歌として米津が書き下ろした新曲で、ファンからもノーサイド・ゲームの事をコメントしていたりと、待ちに待っていたように溢れています。

スポンサードリンク

「馬と鹿」で描いているものは?

「馬と鹿」は米津玄師さんが、日曜ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の為に書き下ろしたもので、前作の「海の幽霊」から約一月程での公開となりました。
ハチの頃も一月に一曲のペースで発表していたので、懐かしく感じますが、あの㎹を見るとこの動画を1月で作ったというのは、かなりすごいと思いました。
そして、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」では、大手自動車メーカーの中堅サラリーマンが、低迷するラグビー部と出世の道を断たれた主人公の、再起をかけた戦いが描かれており、米津玄師さんは主人公が「逆境」に立ち向かっていく様をテーマにした作品である事を明かしています。
そして一口に逆境という漠然とした状況について論じるのではなく、逆境の色々な側面をなぞって一つ一つ取り上げているような歌詞となってもいます。

スポンサードリンク

タイトルの由来

二頭の動物で構成された実に奥深く不思議なタイトルとなっており、二つの漢字をくっつけると「馬鹿」という単語になることに気づきます。
「馬鹿」には「愚かなこと、利口でない、社会の常識に欠けている」という意味があるため、「ノーサイド・ゲーム」に対してのメッセージ性もあるのでしょう。
さらに二頭の動物が持つ意味や象徴があり、
まず「馬」は戦争において重要な役目を果たしており、軍馬としてまた移動手段として用いられ幅広い分野で活躍していたので、国にとって馬の数は貴重であり重要な財産とみなされてきました。
そのため馬は「富や権力」の象徴であり「高貴」なイメージもあります。

出典: https://reissuerecords.net/discography/%E9%A6%AC%E3%81%A8%E9%B9%BF-2/

対して「鹿」には、仏教のほうで「ハーモニー、幸福、平和、長寿」また別の説では精神世界と物質世界のバランス」という意味合いがあるそうです。
上記の意味を抜粋して考えると「協調と安寧」といったところでしょうね。
確かにドラマ主人公は「馬」のような時期、つまり富や権力を得て出世
コース邁進中の期間がありました。
それでも左遷されてからは人生は一変して弱小ラグビーチームの底上げ
役として歩んでいくことになります。
出世は平和などなく誰かを蹴落としてのし上がる面が強いでしょう。
しかしチームワークを重視するスポーツなどにおいては主人公が平和や
協調そして安寧の大切さを痛感したに違いありません。
まさに「鹿」のような期間を体験していることになりますね。

スポンサードリンク

まとめ

  1. 米津玄師
  2. ハチとしての活動
  3. 髪色を変えてイメチェン
  4. 馬と鹿で描いているものとは?
  5. タイトルの由来
  6. まとめ

以上が今回の記事になります。

米津玄師さんの急なイメチェンには、驚きましたね。

そして、9月3日に公開された「馬と鹿」のMVでは、暗いところと明るい所での髪色が違っていて、さらに神秘的な印象を与える様に感じますね。

これからのアーティストとしての活躍を応援しています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク