高嶋ちさ子がパンティを脱いだ?子供の学校とダウン症とは?【笑ってコラえて!】

今回は4月29日に放送される
1億人の大質問!?笑ってコラえて!3時間SP
に、高嶋ちさ子さんが出演するそうなので、話題になっているパンティのエピソードや子供のダウン症なのかや学校の事について少しまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

高嶋ちさ子

出典:https://news.livedoor.com/article/detail/13118482/

名前:高嶋 ちさ子(たかしま ちさこ)
出生名:高嶋 知佐子(たかしま ちさこ)
生年月日:1968年8月24日(51歳)
出身地:日本・東京都

『芸術に恋して』の司会をはじめとして、多数のテレビ番組に出演されており、日本テレビの『踊る!さんま御殿!!』をはじめとして、さまざまな場面での歯に衣着せぬ発言で知られています。
ヴァイオリニストとしては、ポップスからミュージカルナンバー、映画音楽などジャンルにとらわれずに活動されており、コロムビアミュージックエンタテインメントのJ-クラシックの一員として、岡野博行さんのプロデュースを受けています。また、ピアニストの加羽沢美濃をはじめとして、多彩な音楽家との共演もこなすほか、ヴァイオリンのみによるアンサンブル『高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト』で、リーダー役を務められています。

スポンサードリンク

子供はダウン症?

高嶋ちさ子さんの子供はダウン症ではなく、高嶋ちさ子さんのお姉さんが「ダウン症」のようです。
高嶋さんの家族紹介の際に、お姉さんが「ダウン症」であることを明かしており、小さい頃はダウン症の姉をイジメている年上の子供たちを、イジメた奴リストを作って仕返しをされているようです。

そして、仕返しを繰り返していくうちに、高島さんには「悪魔」「デビル」と呼ばれるようになっていたそうです。
ダウン症だからと特別扱いをすることなく、一緒に遊び時には「凄く計算い、涙を誘っている」など、毒舌を吐きながら普通に接していたそうですが、テレビで目が潤んでいた高嶋さんの様子を見て、色んな思いや苦労があったのではと思いますね。

スポンサードリンク

子供は青山学院?

高嶋ちさ子さんは小学校・中学校ともに青山学院の出身のようで、だいたい青山学院出身の親は子供も青山学院に行かせる傾向があるようですが、どれだけ魅力的な学校なのでしょうか?
そして、高嶋ちさ子さんの子供は青山学院の小学校に通っているそうで、子供たちの出身幼稚園についても調べてみましたが、幼稚園情報は見当たりませんでした。
青山学院に通っている根拠については、2018年10月2日のNEWSポストセブンにて、学校に向かわれている様子をキャッチされているので、可能性はかなり高いと思われます。

スポンサードリンク

パンティを脱いだとは?

高嶋ちさ子さんが、7月15日放送の「ごきげんよう」の方で、パンティーを脱いだ恥ずかしい出来事を話されていました。
話の内容は、高嶋ちさ子さんがフェイスエステへ行った際に、エステシャンの方から「リラックスにためにパンツも脱いでください」と言われたそうで、パンティーを脱いでガウンを着たそうです。
そして、フェイスエステを受けていると、何かの拍子にガウンの裾がはだけてしまい、高嶋ちさ子のアソコが丸出しになったそうで、エステシャンの方が驚いて「なぜパンツを脱いでいるのですか?」と聞かれて、「あなたがパンツを脱げと言ったじゃないですか」と言い返したところ、「パンツはズボンのことですよ」と返されたエピソードでした。
たしかに、ズボンをパンツと呼ぶのことは多くなっていますが、普通にズボンと呼んだ方が誤解などは起きないずらいかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

  1. 高嶋ちさ子
  2. 子供はダウン症?
  3. 子供は青山学院?
  4. パンティを脱いだとは?
  5. まとめ

以上が今回の記事になります。
今の時代でもいまだに、パンツとパンティのことを勘違いしてしまう人も意外といるかもしれませんね。
また、話や物の誤解で恥ずかしい思いをするのは誰でもありそうなので、気を付けたところですね。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク