出川哲朗の妻が美人過ぎる!最近人気の出川さんが踊る!さんま御殿!!に出演

皆さんこんにちはこのサイトを管理させて頂いているnagaといいます!
今回は1月15日に放送される
踊る!さんま御殿!!わかりあえない男と女が大激突!恋の迷言&不満が大爆発SP
に出演する出川哲朗さんの妻が美人過ぎると思い今回記事にさせて頂こうと思いつき、次いでに年収も触れながらまとめさせていただきました!

出川哲朗とは?


出典:trend-g-news.com

出川家の次男として生まれ、19872月に専門学校時代の同級生のお笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良さんと南原清隆さん、入江雅人さんたちと『劇団SHALALA』を旗揚げし、自らは座長として公演を開始しました。

その後、テレビ番組『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』をはじめとした、体を張ったロケ・ドッキリ企画などで見せる立ち振る舞いやリアクションの面白さが徐々にお茶の間に浸透して、次第にテレビ番組において欠かかすことのでき無い、「汚れ役」「イジられキャラ」としての地位を確立していきました。

その一方で、多くの写真週刊誌・ゴシップ誌の恰好のターゲットになりました。

また、この「汚れ」キャラクターが世の中に浸透していくにつれて、女性視聴者層から敬遠される傾向が出始めて、女性ファッション誌『anan』が毎年行っている読者アンケートの「嫌いな男ランキング」では、毎年上位にランクインするようになってしまい、2001年から2005年までに5年連続1位を達成し、「殿堂入り」扱いとしてアンケートの対象から除外されました。

しかし20072月放送開始の世界の果てまでイッテQ!に出演し体を張ったリアクション芸、「デヴィ夫人の死ぬまでにやりたい10のコト」等でのデヴィ夫人との掛け合い、出川イングリッシュ等で、「汚れ役」「いじられキャラ」の徹底した仕事ぶりに、出川本来の人柄が認知され、現在は人気・好感度の高いタレントとなりました。

200445日では、元モデル・レースクイーンの阿部瑠理子と結婚し、嫌われキャラとのギャップで世間を騒がせました。プロポーズの際には、テレビ番組『ロンドンハーツ』が全面的に援助し、推定5000万円の制作費を費やしてイタリア・ローマ市内でロケーションが行われ、一連の模様が全国ネットで放送されました。

20148月に、地上波初の冠番組『出川哲朗のリアルガチ』の放送を開始し、20174月には、ゴールデン帯初の冠番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』の放送を開始しました。

 

妻は元モデル・レースクイーンの阿部瑠理子!

出典:http://dokujyoch.net/archives/66614078.html

上記の方でも述べた通りで、2004年4月5日にテレビ番組の力を借りて、元モデル・レースクイーンの阿部瑠理子さんにプロポーズをして結婚し、嫌われキャラとのギャップで世間を騒がせました。

しかし、最近は妻の阿部瑠理子さんが出川哲朗さんと、夫婦で住んでいるマンション付近での目撃情報が無い為、出川哲朗さんとの不仲説が疑惑が巡っています。

その疑惑に対して出川哲朗さんが、テレビ番組の方で妻の阿部瑠理子さんから貰った、応援の手紙を読んでいたので、その疑惑はないように感じます。

むしろ、私個人としての意見としましては、阿部瑠理子さんが顔出しなどをNGとしているのに対して、最近の出川哲朗さんは、好感度が高くなっており人気者として拍車がかかっているように感じたため、何かの拍子で阿部瑠理子さんの顔写真などがゴシップ記者などに、写真を取られてしまうことなどを警戒しての可能性があるのかなと思いました。

踊る!さんま御殿!!の出演に関して

今回のさんま御殿‼への出演に関しては、出川哲朗さんが実はモテモテなのではといったキャッチフレーズがあり、今回のさんま御殿!!の方で出川哲朗さんが話した内容は、突然キスをされた超意外な相手を告白しつつ、毎度のように恋の迷言を連発するので、出川哲朗さんだけでも面白い内容になると思います。

他にも、さんまさんとよゐこ濱口さんが女性で苦労した体験談などを、話していくなど沢山の見所があったと思いますので、私個人としても期待をよせています。

まとめ

今回の記事のまとめとしましては、

  1. 出川哲朗とは?
  2. 妻は元モデル・レースクイーンの阿部瑠理子!
  3. 踊る!さんま御殿!!の出演に関して
  4. まとめ

となります。

2,3の方では、私の個人的な意見が書かれているので、少しでも共感などを得てもらえると嬉しいです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大



レクタングル大



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大