月刊「ムー」連載漫画家の石原まこちんがマツコの知らない世界に!経歴や年収は?

皆さんこんにちは、このサイトを管理させて頂いているnagaといいます!
今回は8月13日に放送される

マツコの知らない世界【400種から厳選!日本全国・激ウマ枝豆】

に、月刊『ムー』連載漫画家の石原誠さんがマツコの知らない世界に出演するそうなので、ムーの歴史や石原誠さんの経歴や連載作品について少しまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

石原誠

出典: https://thetv.jp/news/detail/199128/1204944/

漫画家名:石原 まこちん(いしはら まこちん)
本名:石原誠(いしはら まこと)
出身地:日本・東京都大田区田園調布
生まれ年:1976年 干支:辰(たつ)

 

高校卒業後に、就職した会社を3日で辞めて、その後は漫画家になるまでほぼフリーター・ニート生活だったという、自身の体験を作品にも反映させています。若者や中年、カップルなどに漂う独特の緩い空気感を軽妙な間と台詞回しで描き出す作風が特色的です。特に代表作『THE3名様』では、友人たちとファミリーレストランに集っていた実体験を基にしているそうです。

1995年、『SENTOUS』(銭湯ズ)が『週刊ヤングマガジン』に掲載されて、漫画家デビューを果たしました。2000年から2007年にかけて『ビッグコミックスピリッツ』に連載された『THE3名様』では、2005年に実写映像化までされました。
アメコミ『BEAVIS AND BUTT-HEAD』や映画『グーニーズ』のグッズ、PEZなどのコレクターであり、他にもテレビゲーム(レトロゲーム)が好きでもあり、ゲーム雑誌や携帯コンテンツなどにも作品を発表しています。

スポンサードリンク

月刊『ムー』での作品は?

石原誠さんは月刊『ムー』の方では、「オカルとおさん」という4コマ漫画が連載中のようですね。

他にも、「ムー公式 実践・超不思議生物捕獲マニュアル」の絵の担当をしていたります。

 

出典: https://hon.gakken.jp/book/1340658000

スポンサードリンク

作品の特徴

上の方でも記述したとおりに、石原まこちんさんの作品は、自身の体験が反映されており、若者や中年、カップルなどに漂う独特の緩い空気感を軽妙な間と、台詞回しで描き出す作風が特徴的ですね。

石原さんは、幼い頃から漫画家になることが夢でしたが、当時はどうやったら漫画家になることができるのかわからなった為、そのまま高校に進学しました。
そこで、幼い頃から漫画は描いていた事で、高校生になってからは、その漫画のスキルが役に立ち、石原さんの通う高校は不良が多かったようで、学校ではイジメなど不良に目を付けられないために、不良に漫画を描いていたそうです。

この時の経験が今の経験を生かした作風になったのかもしれませんね。

スポンサードリンク

石原誠さんの年収は?

ここで気になるのは年収ですが、漫画家の収入はやはり人気や連載があるかないかで大きく違っており、連載している漫画家さんであれば、「原稿料」が主な収入源となります。
この原稿料は1ページあたり数千円~数万円となっており、細かな額は出版社と漫画家さんとの間で決められます。
しかし、連載が打ち切りになったりしますと、収入がストップしてしまいますから、安定的な職業とは言えませんが、大人気ともなればかなりの大金持ちになることも間違いでは無いですね。
更に、印税もあるので、コミック単行本として売れれば8%~10%程度の収入が入ってきますし、アニメやグッズ、コラボなど多岐になればかなりの額を稼ぐことができます。
石原誠さんの場合は、単行本や連載もありますが、年収1000万くらいと予測されています。

スポンサードリンク

まとめ

  1. 石原誠
  2. 月刊『ムー』での作品は?
  3. 作品の特徴
  4. 石原誠さんの年収は?
  5. まとめ

以上が今回の記事になります。

石原誠さんがマツコの知らない世界に出演して、マツコさんに『ムー』について語るというのは、かなり楽しみなところですね。

他にも、枝豆の世界を教えに、五木のどかさんが出演するそうなので、どちらも楽しみですね。

『マツコの知らない世界』8/13(火) 食べ出したら止まらない「枝豆の世界」&オカルト界最後の砦「ムーの世界」がマツコを襲う!?【TBS】

これかも漫画家として活躍をして、幸せな家庭をこれかも気付いて欲しいですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク