二階堂ふみの出身は沖縄!私服の古着がお洒落でかわいい!【おしゃれイズム】

皆さんこんにちは、このサイトを管理させて頂いているnagaといいます!
今回は9月15日に放送される

おしゃれイズム…女優の二階堂ふみ!憧れのスターからの誕生プレゼントに大感激!

に、二階堂ふみさんが、おしゃれイズムに出演するそうなので、どのような方で、出身地の沖縄でのエピソードや、私服の古着などについて少しまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

二階堂ふみ

出典: https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190914-00204692-the_tv-ent

名前:二階堂 ふみ(にかいどう ふみ)
生年月日:1994年9月21日(24歳)
出身地:日本・沖縄県那覇市
身長:157cm 血液型:O型
職業:女優・ファッションモデル・写真家

 

幼い頃より映画好きの母に連れられて映画館へ足を運んでいたため、映画女優を志すようになりました。

12歳の時に、フリーペーパー『沖縄美少女図鑑』Vol.4掲載のグラビアでデビュー後、そのグラビアがマネージャーの目に留まり、沖縄に駆けつけたマネージャーによってスカウトされて芸能界入りを果たし、ローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』の専属モデルを務めるなど、ファッションモデルとしてファッション誌や広告へ出演しました。
2007年にはテレビドラマ『受験の神様』で女優としてデビューをし、2008年12月には、ソニーミュージックがプロデュースしたケータイ音楽ドラマ『DOR@MO』の1編『キミに歌ったラブソング』で初主演を飾りました。

2009年公開の役所広司初監督作品『ガマの油』では、オーディションを経てヒロイン役に抜擢され劇場映画デビューをし、「ポスト宮﨑あおい」として関係者の注目を集める事となりました。
2011年にはロックバンド神聖かまってちゃんを巡る若者たちを描いた、青春映画『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』では、映画初主演を獲得し、第3回TAMA映画賞最優秀新進女優賞ならびに第26回高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞しました。

スポンサードリンク

2012年に公開された園子温監督作品『ヒミズ』は2011年の第68回ヴェネツィア国際映画祭にも出品されて、最優秀新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を共演の染谷将太ともに日本人初受賞することとなりました。

翌2013年には映画『ヒミズ』『悪の教典』での演技により第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、他にも、出演映画3作品(『脳男』『地獄でなぜ悪い』『四十九日のレシピ』)での演技が評価される事となり、第35回ヨコハマ映画祭および第56回ブルーリボン賞にて助演女優賞を受賞しました。

2014年には、映画『私の男』でこれからの活躍を期待する若手俳優に贈られるニューヨーク・アジア映画祭 (New York Asian Film Festival) ライジング・スター・アワードを日本人で3人目の受賞となりました。また、日本映画テレビプロデューサー協会より、その年に最も活躍した将来有望な俳優に贈られる2015年エランドール賞新人賞も受賞していました。

スポンサードリンク

2018年放送のNHK大河ドラマ『西郷どん』では、西郷隆盛の2番目の妻で西郷が奄美大島に流刑となったときの島妻となる愛加那役を好演し、西郷役の主演・鈴木亮平からは「感性のバケモノ」と称賛を受けました。

2020年度前期放送予定の『エール』でNHK連続テレビ小説に初出演となり、「ぜひこの作品に携わりたい」としてヒロインオーディションに臨み、オーディションで見せた熱演と歌唱力により応募者2,082人の中から選出されて、作曲家古関裕而の妻・金子をモデルとするヒロイン・関内音役を演じました。
一方では、『JILLE』、『POPEYE』、『NYLON JYAPAN』などのファッション誌に連載を持ち、『小説新潮』に小説形式での書評「只今 文筆修行中」を2014年から執筆・連載するなどの文筆活動も行い、2018年4月にはファッションモデルのモトーラ世理奈を被写体として、写真集「月刊」シリーズの復刊となる『月刊モトーラ世理奈・夏 写真 二階堂ふみ』を発表し、写真家としてもデビューを果たしました。

同年6月刊行の第2弾『月刊コムアイ・嘘 写真 二階堂ふみ』では、水曜日のカンパネラのメンバーで友人でもあるコムアイを撮影しています。

スポンサードリンク

私服の古着がお洒落でかわいい!

皆さんが初めて買ったCDは何ですか?
ほとんどの人は、ならアイドルや流行りの歌手やグループなのではないでしょうか。
しかし、二階堂ふみさんはまさかの「セックスピストルズ!」だったそうです。
ゴリゴリのUKパンクロックで驚きですね。

平成に生まれた少女が初めて買うCDとしてはかなりレアケースなのではないでしょうか、ちなみに理想の男性はジョニーロットンで、憧れの女性はフランスギャルだそうです。

どういう環境で育ったらそのような感性が持てるのか、疑問に思うぐらいの個性的な感性ですが、日本のテレビや雑誌から得た情報ではなく、きっとご両親の影響も大きいのでしょう。

そして、音楽と密接に関わっているのがファッションで、彼女は1970年ころの古き良きUKロックがとても好きだそうで、私服では古着の革ジャンなどをかっこよく着こなしていました。

二階堂ふみさんの好きなブランドは「ヴィヴィアン・ウエストウッド!」だそうで、ヴィヴィアンウエストウッドの中でも彼女のお気に入りアイテムがこちらの「ラブジャケット」です。

出典: http://aonao64.com/actress/nikaidofumi1/

また、ロンドンに行った際には、ぱっと目をひくユニオンジャックの傘を持っていっており、この傘はロンドンにある傘専門店「James Smith & Sons」で購入したイギリス王室御用達のFULTON社製の傘でした

出典: http://aonao64.com/actress/nikaidofumi1/

ちなみにこのFULTON社の傘はアマゾンでも購入することが出来ます。

値段も4~5千円ほどなので気になった方はチェックしてみてください。
自分をしっかり持ち、トレンドを追いかけずに好きなものセレクトする彼女のスタイルはとてもかっこいいよくうつりますね。

スポンサードリンク

二階堂ふみの出身地沖縄

二階堂ふみさんの実家は沖縄県那覇市にあります。
那覇市は沖縄本島の南側にある沖縄有数の町で、沖縄県の県庁所在地でもあります。
二階堂ふみさんは、中学生までは沖縄で学生時代を送っていたそうです。
また、沖縄県那覇市には、二階堂ふみさん以外にも実家がある芸能人が多く、女優の新垣結衣さんや国仲涼子さん、ダチョウ俱楽部のリーダー肥後克広さんの実家があります。
また、二階堂ふみさんの母親は沖縄県出身のようですが、父親は沖縄県以外の出身だそうです。

スポンサードリンク

まとめ

  1. 二階堂ふみ
  2. 私服の古着がお洒落でかわいい!
  3. 二階堂ふみの出身地沖縄
  4. まとめ

以上が今回の記事になります。

二階堂ふみさんが、UKパンクロック好きというのはかなり驚きましたが、服に関しても個性的だけでおしゃれに着こなしていて、凄いですね。

沖縄県那覇市に実家を持つ芸能人が多く、少し驚きますね。

これからも女優として派手に活躍して欲しいですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク