ヨークス株式会社社長夫人の吉田りえ子のオススメの手袋は?【マツコの知らない世界】

皆さんこんにちは、このサイトを管理させて頂いているnagaといいます!
今回は12月3日に放送される
マツコの知らない世界【あったか手袋&マツコ大好物!タコス】
に、ヨークス株式会社社長夫人の吉田りえ子さんが出演するそうなので、オススメの手袋や手袋の購入場所などについて少しまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

ヨークス株式会社社長夫人吉田りえ子

出典: https://torendokuma.com/yosidarieko-husband/

名前:吉田りえ子
年齢:50~60代くらい
現住所:香川県東かがわ市

吉田りえ子さんは、ヨークス株式会社の監査役をしておられます。
ヨークス株式会社は、
旦那さんの吉田勤さんが社長をされていて、
母体となるヨークス株式会社のハウスブランドとして、
BIYUTÉ
Alta Classe -capri guanti-
吉田手袋  YOSHIDA TEBUKURO
YUBIDERU
PICONE ACCESSORI
を展開している超大手手袋会社です。
他にも、ポールスチュアートやアディダスなど、世界中のメーカーの手袋の取り扱いがあるんだそうです。
そんな吉田りえ子さんは、会社の主力製品でもある手袋への愛情が尽きない
冒頭でいきなり「GROVES(手袋)には中にちゃんとLOVEがある」とドヤ顔を披露し、マツコも思わず声をあげました。
しかも、商売人の魂が疼くのか、番組中にマツコが実際に手袋をはめてみると、「素敵、お似合い、ゴージャス!」と矢継ぎ早に褒め言葉の雨嵐
実際に店舗でこんな風に言われたら悪い気はしないですよね
それにしても、やはり社長夫人なだけあって、出演時の姿勢や言葉の使い方、手の動きなど、言動全てにいちいち品格を感じさせます。

スポンサードリンク

ヨークス株式会社

出典: https://www.atpress.ne.jp/news/193401

ヨークス株式会社は、創業60年を超えるファッション手袋を中心とした服飾雑貨の総合メーカーで、手袋を中心として国内外有名ブランドのライセンス契約で、日本での独占製造販売権を多数有しており 、全国有名百貨店、専門店、量販店等へ幅広いネットワークなどで販売されています。
また、本社工場以外にも中国工場や、カンボジア工場と上海に販社があり、海外での生産、販売活動にも力を入れています。

出典: https://aucfree.com/items/l516904049

製造されている商品は、大手量販店の工場監査をクリアした品質や、有名ブランドに認められたデザイン性を兼ね備えているだけでなく、ヨークス株式会社オリジナルの糸で編んだ手袋が持つ暖かさと柔らかさは、ご利用者に十分納得して頂ける仕上りになっているそうです。
また、昔ながらの職人技と、近年のコンピュータ技術を用いたデザインシステムの両方を駆使されており、長年にわたり多種多様な性質を持つ糸に携わっているため、これらの技術と経験によって、利用者の手と要望にジャストフィットした手袋を提供されているそうです。

出典: https://te-t.jp/articles/about_yorks/

そして、手袋のほかにも、帽子、マフラー、ニット製品など、多角化によるトータルファッションメーカーとして展開をされており、感性豊かでリーズナブルな商品を提供することで、個々のライフスタイルに個性化と価値観をもたらし、楽しさや潤いを感じる事で生活文化の向上にも貢献できることを願って製造されていようです。

吉田りえ子のオススメ手袋

吉田りえ子さんのオススメ手袋は、全国で吉田手袋、ヨークス手袋を取り扱っている店舗が数多くありますが、一番手っ取り早く購入する方法は、オンラインショプだと思われます。

ヨークスオンライン本店の詳細はこちら↓
https://shop.yorks.co.jp/

また、オンラインショップは本店だけでなく、楽天市場などでも購入することが可能なので、利用カードやポイント獲得、使用を考慮しつつ一番最適な方法で購入するのがいいと思われます。

スポンサードリンク

まとめ

  1. ヨークス株式会社社長夫人吉田りえ子
  2. ヨークス株式会社
  3. 吉田りえ子のオススメ手袋
  4. まとめ

以上が今回の記事になります。
ヨークス株式会社社長夫人の吉田りえ子さんが、マツコの知らない世界に出演されるそうなので、ヨークス株式会社について少し調べさせてもらいましたが、伝統と最近の技能を掛け合わせることで、現代に合わせた手袋を作っている、歴史の長い会社のようですね。
商品を見ても、説明の通りでオシャレな手袋が沢山ありますね。
これから本格的に冬になるわけなので、皆さんもぜひ買ってみてください。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク