小林稔侍は生きてる?死亡説が上がった理由と家族や年収について【ダウンタウンなう】

皆さんこんにちは、このサイトを管理させて頂いているnagaといいます!
今回は7月26日に放送される
ダウンタウンなう【デビュー25年目V6のトニセンが衝撃過去を初告白▽小林稔侍】
に、小林稔侍さんが出演するそうなので、死亡説が上がっていた事について少しまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

小林稔侍

出典: https://koimousagi.com/2478.html

芸名:小林稔侍(こばやし ねんじ) 本名:小林稔侍(こばやし としじ)

生年月日:1941年2月7日(78歳)

出生地:日本・和歌山県伊都郡かつらぎ町

身長:180cm 血液型:A型 職業:俳優

父親は洋服の仕立て職人で、母親と10歳年上の兄が居ました。

猛勉強をして、国立の和歌山大学教育学部附属中学校に入り、1時間かけて通学していたそうです。

中学生の頃から高倉健のファンで映画界に憧れを持っていたそうです。「おふくろに家を建ててやりたい」という一念で映画界を志して、第10期東映ニューフェイスの試験日と大学の入試日が重なり迷った挙句に、親には大学入試へ行くと嘘をつき、学生服姿で試験を受けて合格しました。

デビュー後の1960年代初めから1970年代中頃までは、主に東映東京製作による高倉健・千葉真一・梅宮辰夫ら主演のアクション映画・仁侠映画やアクションドラマ・刑事ドラマ・特撮番組などに出演して、1967年のテレビドラマ『キャプテンウルトラ』でレギュラー出演をしていたが、初めてポスターに名前が刷り込まれた映画は1970年5月23日に日本で公開された映画『やくざ刑事』となりました。

後に深作欣二の推薦でピラニア軍団のメンバーとなり、映画『新仁義なき戦い 組長の首』では当初、バーテンダー役でワンシーンのみの端役出演だったが、監督の深作から主人公の弟分役へ抜擢されました。

1978年の映画『冬の華』は忘れられない一本と述べており、「台詞が一言もない小林稔侍が抜群だ」と掲載された1978年5月24日付スポーツニッポンの映画評を宝物にしているそうです。

1980年代前半までは脇役・悪役を演じていましたが、1986年にテレビドラマ『はね駒』で主人公の父・橘弘次郎にキャスティングされて、転機を迎えました。

1990年にはテレビドラマ『なんでも屋探偵帳』で初主演を飾り、同作はシリーズ化され、このほかにも『税務調査官・窓際太郎の事件簿』など、2時間ドラマで主演を務めることとなりました。

2018年公開の『星めぐりの町』で映画初主演を飾り、男性タレント好感度ランキングで上位にランキングされました。

スポンサードリンク

何故死亡説が?

一時期小林さんが姿を見かけないことから、死去したのじゃないかという、噂も出ていたのですが、それはデタラメみたいですね。
この様なうわさが上がったのは、小林さんが病気を患っているという、噂がもととなったみたいですね。

出典: https://entertainment-topics.jp/5575

小林さんは70歳を超えているので、何かしら病気を抱えてい手もおかしくないところですが、ドラマに出演している時に、ポケットに左手を入れることが多いとの指摘があがっていたり、カツラなのではないかといったうわさもあるみたいで、患っている病気の名前が注目されているみたいですね。
他にも嫁いなどが噂されていますが、今も患っているのかすらも怪しいのに、余命という噂が上がっているのは、デマである確率が高いですね。

出典: https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070035_00000

小林さんは70代とかなりの高齢な方なので、病気のように見えることも多いのでしょうが、小林さん自身が病気を明かしていたり病気になった事を明かしていることもないので、病気であるというのは、あくまでも噂で事実無根の可能性が高いですね。
それに2018年には俳優として主演を務めていたり、今回放送されるダウンタウンなうにも、出演することを考えると、とても病気を患っているように思えませんし、余命が短い中で仕事が出来るかわからないところなので、病気ではないのでしょうね。

スポンサードリンク

家族や年収

家族

小林さんの奥さんについては、ネットの方では出回っておりませんが、2017年5月21日放送の『ボクらの時代』に出演していた際に、「結婚する時にね、何も夢を持たないでくれって言ったの。1日3回の飯は食わせるけど、それ以上は何も夢を持たないでくれ」と奥さんとの会話に関する発言をしていました。
結婚したころは役名の無い「ギャングA,B」のような役を演じる、いわゆる大部屋俳優の時代だったみたいだったからこそ、奥さんはあのように言ったのかもしれませんね。
そして、二人の間には子供が2人いるようで、小林建さんと小林千晴さんという事で、二人共俳優や女優業をやっているようです。

年収

小林稔侍さんは現在も俳優業が順調で、長年続いている「税務調査官 窓際太郎の事件簿」は2018年まで続いていますし、今後も続くシリーズものだと思います。
2019年の出演作としてはテレビ朝日開局60周年記念ドラマスペシャル「白い巨塔」にも出演されていて、2018年には主演作品を含む3本の映画にも出演されていますので、まだまだ小林稔侍さんには俳優として現役であることが分かりますね。
そんな小林稔侍さんの年収は確かなことは分かりませんが、少ないということはないでしょうね。
ベテラン俳優と若手俳優とでは年収も違うでしょうし、脇役と主役でも年収は異なってくるでしょうね。
例えば、今一番稼いでいる俳優は福山雅治さんで、推定年収は7億円と言われていますが、それを参考にした場合、小林稔侍さんクラスは年収1億円程度はあるのでないのでしょうかね。

スポンサードリンク

まとめ

  1. 小林稔侍
  2. 何故死亡説が?
  3. 家族や年収
  4. まとめ

以上が今回の記事になります。

小林稔侍さんは一時期、ドラマや映画などに出演していることがほとんど無かった事もあり、病気などの噂が流れていましたが、まさか余命の噂や死亡説まで上がっているとは思いませんでした。

2018年から活動が活発になっているようにも感じるので、2019年での活躍も応援していきたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク