篠原信一が長野に移住!宮古島にも移住していたのかについてまとめてみた!【爆報!THE フライデー】

皆さんこんにちは、このサイトを管理させて頂いているnagaといいます!
今回は6月28日に放送される
爆報!THE フライデー【スターの死の真相2時間SP】
に、篠原信一さんが出演されて、長野県に移住するという事で、去年に宮古島に移住していた事について、少しまとめさせていただきました。

スポンサードリンク

篠原信一

出典: https://style.nikkei.com/article/DGXMZO42746470R20C19A3000000/

本名:篠原 信一(しのはら しんいち)

出生地:青森県東津軽郡平内町

生年月日:1973年1月23日

身長:185㎝ 体重:137㎏ 段位:6段

 

父親は建築業を営んでおり、10歳下の妹がいます。
中学入学と同時に、新設された柔道部に入部して柔道を始めました。
育英高等学校を経て天理大学体育学部へ進学しました。

大学生の時に才能が開花して、外国人に負けない体格と技術とパワーによって多くの大会を制覇しました。
大学卒業後は旭化成に入社して、2000年シドニーオリンピック100kg超級にて銀メダルを獲得しました。

私生活では、1995年11月に天理大学の1学年上の女性と結婚しました。
4人の子(3男1女)の父親でもあり、3人の息子は柔道をやっていますが、篠原が息子達に対して指導することはなく、「顧問の先生や、道場の先生から教わりなさい」と篠原は言っているそうです。
娘に注意したいことがある時は、娘に嫌われたくない思いがあるためか、妻を介して間接的に注意させているそうです。

スポンサードリンク

宮古島に移住してた?

出典: https://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/backnumber/0120/

篠原 信一さんは、3ヶ月ほど宮古島に住んでいたことがあるみたいですね。

宮古島に移住したのは、2017年10月29日に放送された「イチから住」で新しく移住体験をするという企画で、一時的に移住していたみたいですね。

近年、宮古島では移住者が増えており、現在は空き物件があったそうで、家賃が高騰しており、篠原さんは番組に「海が見える家」と希望を出しており、1件だけ海の見える空き物件があったそうで、早速案内してもらっていました。

出典: https://www.oricon.co.jp/news/2101217/photo/16/

その空き家というのは、パッと見たところ古くなく、割と綺麗な感じで、中は1LDKでウッドデッキがあって広く、リビングの窓からは何も景色を遮るものが無く、海を見ることが出来ていい見晴らしの空き家でした。

外階段から屋上に上がるとことが出来て、少し高い位置からの展望も素晴らしい景色でした。
そして、気になる家賃はなんと15万円!

3ヶ月で45万とかなり高くなりますね。

スポンサードリンク

長野に移住した!

 篠原さんは仕事の都合で都内に滞在することが多いですが、元の自宅は奈良県にあり、妻(46)、大学4年の長女、大学2年の長男、中学2年の次男、小学校6年の3男と愛犬2匹とともに家庭菜園や海釣りなどを楽しみながら暮らしていました。

一方で、子育てに一区切りがついたら愛犬を連れ、自然豊かな場所に移住しようと夫妻で長年構想を温めていたそうです。

出典: 10/20 OA「土曜はこれダネッ!」より

そして、さまざまな場所と比較し、自然環境と首都圏などとの距離感が気に入り、2年前に安曇野への移住を決意したそうで、以来、友人や柔道関係者、不動産業者などにも相談しながら物件を探していたみたいですね。

ようやく今夏、趣味の釣りができる川に近く、山にも近く、敷地は300坪以上ある家庭菜園付き中古住宅であることなど、理想に近い物件で奥さんが、一目惚れだったことを決め手に即決したようです。

スポンサードリンク

爆報!THE フライデーで!

出典: https://attuhimitukiti.com/sinoharaazumino/

2019年6月28日の爆報フライデーで、篠原さんの長野県に移り住み、その内部をテレビで初放映をするとの事でした。

かなり楽しみですね。

スポンサードリンク

まとめ

  1. 篠原 信一
  2. 宮古島に移住してた?
  3. 長野に移住した!
  4. 爆報!THE フライデーで!
  5. まとめ

以上が今回の記事になります。

今回2019年6月28日放送の爆報フライデーで、篠原さんの今のご自宅を初公開するというのはかなりレアですね。

最近はテレビから出ていることも少なくなっていますが、これからも色々と頑張って欲しいですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク