竹田恒泰が吉本の弁護士に辛辣な発言!韓国や中国に対しての意見も!【ビートたけし】

皆さんこんにちは、このサイトを管理させて頂いているnagaといいます!
今回は7月28日に放送される
ビートたけしのTVタックル
に、竹田恒泰さんが出演するそうなので、Twitterなどで吉本興業の弁護士に対して辛辣なコメントをしていることについて少しまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

竹田恒泰

出典: http://www.takenoma.com/profile/

全名:竹田 恒泰(たけだ つねやす)

生誕:1975年(43~44歳)

出身校:慶応義塾大学法学部 研究分野:法学部,憲法学

 

旧皇族の竹田家に生まれて、竹田恆和は父にあたります。男系では南北朝時代の北朝第三代崇光天皇の19世の子孫で、女系では第123代大正天皇の実妹・昌子内親王の曾孫にあたりあます。

1975年生まれだが「氏名と生年月日を共に知られると呪いを掛けられるから」誕生の月日を非公開としているそうです。
慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学法学部法律学科で環境学を専攻して卒業しました。
2006年に著書『語られなかった皇族たちの真実』で山本七平賞を受賞しました。
2007年から2014年3月まで慶應義塾大学大学院で非常勤講師として勤務し、大学院では通年の講座「憲法特殊講義(天皇と憲法)」を小林節と共同で担当し、のちに単独で「憲法特殊講義I(公政)」、「憲法特殊講義II(公政)」を半期ずつ受け持ちました。
2015年度からは、皇學館大学現代日本学部で非常勤講師として、春学期は現代人権論、秋学期は日本国家論を講義しています。
2008年12月に「は、天皇は本当に主権者から象徴に転落したのか?」でアパグループが主宰する第2回「真の近現代史観」懸賞論文で、“最優秀藤誠志賞”を受賞しました。
2012年10月29日開設の竹田恒泰チャンネルで、特番を除いて週に一度配信しています。後に同チャンネル放送の中国、韓国報道に焦点を置いた本『面白いけど笑えない中国の話』や『笑えるほどたちが悪い韓国の話』などが発売されました。
2015年4月19日に、一般女性と結婚した事を発表しました。
2016年10月に第1子となる長女が誕生して、12月にYouTubeの「【公式】竹田恒泰チャンネル」のチャンネル登録者数が10万人を超えました。
しかし、2018年5月24日にYouTubeの「【公式】竹田恒泰チャンネル」が、差別動画大量通報事件の影響で「ガイドライン違反」の理由でアカウントが停止されて閉鎖されました。

スポンサードリンク

吉本の弁護士に対して

今回の吉本興業所属していた宮迫さんが、暴力団と繋がっていたという事から、解雇までの流れになり話題になっていましたが、その中で吉本興業の弁護士小林良太さんが、岡本社長の記者会見の時から炎上して批判殺到しています。

そしてこの時の小林良太さんの対応に対して、竹田恒泰さんはTwitterの方でこの様な批判がされました。

かなり辛辣なコメントを残していますが、岡田社長の記者会見を聞いた方々の多くも似たような感情を抱いたみたいですね。

他にも、「『天下の吉本興業の弁護士であの程度なら、芸能プロダクションの顧問弁護士って楽だよね。芸能プロダクションの顧問紹介してよ』なんて同級生の弁護士から連絡がきて当惑しています」とテレビ制作会社ディレクターが語っており、某法律事務所の社長は同業として恥ずかしいとのコメントを漏らしています。

今回吉本興業の弁護士は、トラブル解決が弁護士の仕事なのに、火に油を注いでいるようにしか見えてないので、この様なコメントが殺到するのも仕方ないかもしれませんね。

スポンサードリンク

韓国の反日運動に対して

竹田恒泰さんは、最近ツイッターの方で吉本興業の弁護士だけでなく、韓国の反日運動に対しても、様々なコメントを残しています。

最近は特に中国に対してのツイートが多く、上記のようなツイートとYouTubeの投稿動画のツイートが多く感じますね。

この様にTwitterだけでなく、YouTubeの動画の方でも韓国に対してかなり厳しめのコメントを残しています。

私も最近の韓国は過剰な反日行動を起こしているので、和解する意味があるのかなかなか疑問なところですし、韓国政府は日韓友好を望んでいるといったことを語っているようにも感じますが、反日行動を助長していたのは韓国政府だったような気がします。

韓国政府は国民からの支持を得るために、反日を助長させることが多々あったような気もしますが、そんなことをしておいて友好を望むのはなぜなのかと疑問に思っていますね。

例え日本が嫌いでも、表に出さずに友好のふりをしていればいいのにわざわざ「嫌いです私たちの韓国に近づかないでください」といった行動をしておいて、いざ離れようとしたら今のような行動をとるのは、政治家としてもどうなのかと個人的に思っています。

スポンサードリンク

まとめ

  1. 竹田恒泰
  2. 吉本の弁護士に対して
  3. 韓国の反日に対して
  4. まとめ

以上が今回の記事になります。

竹田恒泰さんは、吉本興業の弁護士と韓国の反日行動に対して、かなり辛辣なコメントをしていたりと、一歩間違えれば悪い印象を取られかねないですが、筋が通っている面があるのでそうならないと思いますね。

今回放送されるビートたけしのTVタックルでは、吉本興業の弁護士に対してのコメントが見られるかもしれませんね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク