和田朱美の学歴は?経営している砂時計店Sablier be Verrierとは?

皆さんこんにちは、このサイトを管理させて頂いているnagaといいます!
今回は10月29日に放送される
マツコの知らない世界【超濃厚!チーズケーキ&砂時計】
に、和田朱美さんが出演するそうなので、学歴や経歴している砂時計店などについて少しまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

和田朱美

出典: https://sabucaru.com/wadaakemi-sunadokei-nennsyu/

名前:和田朱美
生年月日:1967年(52歳)
出身地:静岡県

 

子供のころから砂時計が大好きで、当時からすでに将来の夢が「大人になったら砂時計屋さんになる!」事となっていました。
 1985年の時に、東京の大学へと入学しており、1987年の時にヤマハ株式会社へと入社をし、勤務先である静岡に戻りました。
 以後は、転勤で神戸を経て名古屋へと渡りました。
名古屋の人気&おしゃれスポット「覚王山」エリアに魅了されました。
 1995年の時に、ヤマハを退職して独立して、砂時計・カフェ「サブリエ・ド・ヴェリエ」を開店しました。
2013年12月には、拠点を東京に移して谷中銀座の路地に、砂時計専門店「サブリエ ド ヴェリエ」を開店しています。

スポンサードリンク

出身の高校や大学は?

和田朱美さんは、高校までは地元・静岡で過ごしていたようですが、具体的な高校名までは情報をみつけることができませんでした。
 大学は東京の大学に通い、その後ヤマハに入社し静岡へと帰郷しているので、新卒時にいったんUターンしています。
1985年入学で1987年卒業なので、短大であることが分かりますね。
 調べたところによると、ヤマハでは音楽教室の講師をやっていたようで、

名古屋「和田音楽教室」の和田朱美さん。
講師歴20年で、ヤマハのピアノ指導者サポートシステム「PSTA」所属。

と紹介されており、名古屋、同姓同名、ヤマハ。
ということから、同じ人物だと思われます。
 これからわかる事は、東京では音楽の2年生短大に通っておられた可能性が高いですね。

スポンサードリンク

経営している砂時計店     『Sablier be Verrier』

和田朱美さんが、こだわりにこだわりぬいた、選りすぐりの砂時計が陳列されているお店となっています。
店の雰囲気は、
『フランスの片田舎にあるガラス職人の屋根裏工房』
という事で、ヨーロッパの童話に出てきそうな雰囲気のお店だそうです。
砂時計のデザインや砂の色については、和田朱美さんが考えて、日本に3名しかいない砂時計職人さんが手掛けている、オリジナルの砂時計が中心となっているようです。

そこで、お店にある砂時計を少し紹介します。

音が鳴る砂時計

出典: http://www.sunadokei.com/line-oto.html

ガラスビーズの砂が、砂時計の中の突起にあたってサラサラと音を立てて落ちるので、ガラスビーズがはじける様子も涼しげです。
砂の色は、ブルー・イエロー・ピンク・グリーンの4色があるようです。
スポンサードリンク

夜行砂時計

出典: https://sablier.ocnk.net/product/22

砂は人工砂を蓄光塗料で染めた砂を使用されており、昼間の光を浴びて、夜などの暗い所で光ります。
フレームの支柱には装飾のある金属を使用しているので、ロマンティックな形をした砂時計となっています。
フレーム天板の色は、白木(ブナ材)・こげ茶・黒の3色で、砂の色が薄黄・薄水色の2しょくとなっています。

スポンサードリンク

2色砂時計 宙(そら)

出典: https://sablier.ocnk.net/product/199

落ちた砂が2色のグラデーションになる砂時計で、紫色の砂とキラキラしたブルーの砂が美しい3分計です。
まるで宇宙のような色合いから、宙(そら)という名前がついています。

 

以上のような、綺麗でお洒落な砂時計を置いているお店となっています。

砂時計の販売もしており、ネット通販にも対応しているようなので、家のインテリアや癒しとして買うのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

  1. 和田朱美
  2. 出身の高校や大学は?
  3. 経営している砂時計店『Sablier be Verrier』
  4. まとめ

以上が今回の記事になります。

和田朱美さんの、砂時計に対する思いが凄くて驚きですね。

今回調べてみて、砂時計にも様々な種類がある事が分かり、色だけでなく、音や光でも楽しむことができるんですね。

私も砂時計は好きなのですが、このような楽しみ方や、種類がある事を知らなかったので、更に興味が湧いてきましたね。

何でも和田朱美さんのお店では、定番商品の他にも、オーダーで1点ものの砂時計を作ってもらうことも可能という事で、思い出の砂で作ってもらったり、デザインについてもオリジナルオーダーOKだそうです。
砂時計の時間も、3分、5分、30分など調節できるそうなので、幅が広いですね。
 結婚のお祝いや、そのほかの贈り物としても人気のようなので、ぜひ一度ホームページをご覧になってください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク