株式会社能作の社長能作克治がカンブリア宮殿に出演!プロフィールや商品は?

皆さんこんにちは、このサイトを管理させて頂いているnagaといいます!
今回は9月12日に放送される

カンブリア宮殿【錫100%の技術力と魅惑のデザイン!「NOUSAKU」の秘密】

に、株式会社能作の社長能作克治さんが、カンブリア宮殿に出演するそうなので、プロフィールやどんな人なのか、株式会社能作や娘さんなどについて少しまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

株式会社能作の社長能作克治

出典: https://diamond.jp/articles/-/53210?page=2

1958年に福井県で生まれて、大阪芸術大学芸術学部写真学科を卒業後、新聞社勤務を経た後に、1984年に義父が経営する能作に入社しました。

2001年に東京原宿バージョン ギャラリー展示を機に、直販を徐々に拡大して行き、2002年には代表取締役へと就任しました。

東京都内を中心として、直営ショップを増やしているほかに、アジアや欧米などの海外にも積極的に展開されています。

そして、2013年の「第5回ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞」の受賞を果たしました。

スポンサードリンク

株式会社 能作

出典: https://shop.yasac.jp/?mode=cate&cbid=1972324&csid=0

江戸時代から、400年の歴史を刻んできた伝統ある鋳物の町である高岡にて、仏具を製造する工場として、能作は創業しました。
それ以来、生産体制の転換や業容・業域の拡大を行って生きながら、お客様の声に応えるものづくりを追及して100余年が経ちました。
現在では、既成の概念に問われることなく積極果敢にチャレンジするといった姿勢で、脈々と継承してきた技術に、時代を反映した感性を融合させて、鋳物という産業新たな轍を描き続けている会社です。

鋳物の技術

高岡銅器は、原型の製作からはじまり、原型を基に形を型取る鋳型製作し、鋳型に溶解した金属を流し込む鋳造、溶接、研磨などの仕上げ加工、彫金着色による加飾を経て完成します。

それぞれの工程は分業化されており、いずれにも卓越した技術が必要となります。

出典: https://www.sign.or.jp/about_sda/business/sda-award/2017-2/%E8%83%BD%E4%BD%9C

熱し溶かした金属を鋳型に流し込んで、製品を成型する方法を鋳造といいます。

能作では、生型鋳造法を中心に、自硬性鋳造法、ロストワックス鋳造法、シリコーン鋳造法などの鋳造法を使い分けて、多品種少量生産を実現しており、創業より培った職人の技法と現代の技術を融合させることで、企画から製造までを請け負い、高品質な製品を安定的に供給できる生産体制を構築しているそうです。

スポンサードリンク

株式会社能作の活躍

能作では、今年の「十五夜」に向けて商品を製造していました。

今年の「十五夜」は9月13日(金)となっており、一般的には旧暦8月15日の夜にみられる月で、一年でもっとも美しいとされています。

そこで、お月見気分をいっそう盛り上げてくれる、ぴったりのアイテムをご紹介しているようですね。

出典: https://www.shopnousaku.com/shopbrand/sp61/

スポンサードリンク

テーブルウェア

出典: https://japan-design.imazy.net/jp/lifestyle/takaoka-copperware

曲がるシリーズ

出典: https://item.fril.jp/5abc7da3ad9659e11edb288be381e1c0

スポンサードリンク

インテリア雑貨

出典: https://www.shopnousaku.com/shopbrand/sp60/

風鈴

出典: https://shopping.yahoo.co.jp/category/2506/3585/2334/brand/

アクセサリー

スポンサードリンク

出典: https://saveig.com/p/BxRH4QzhJVA/

ヘルスケア

出典: https://www.instazu.com/tag/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E8%89%B2

など様々な場面です使う事のできる商品を製作しています。

スポンサードリンク

まとめ

  1. 株式会社能作の社長能作克治
  2. 株式会社 能作
  3. 株式会社能作の活躍
  4. まとめ

以上が今回の記事になります。

株式会社能作は長年の歴史の中で発展してきた、かなり格式のある会社であることが分かりますね。

また、商品に関しても、あまり派手ではないため落ち着いたインテリアが欲しい時には、欲しくなるようなデザインですね。

また、月見など様々なイベントに向けての商品作りなど、毎年楽しむことができるような商品作りなど、時々でも能作の作品やイベントが気になるような工夫をするなど、面白いですね。

これからも鋳物を発展させながら、面白い商品を作って欲しいですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク